不動産投資は節税対策になる工夫をケリーバックスが教えます

近年の不動産投資をする人には、本業としてサラリーマンの方もたくさんいます。
そんな人のために不動産投資をすることで、節税についてケリーバックスが教えます。
不動産投資をして利益が出れば何の問題もありませんが、不動産を運営していて、年間の収支が赤字になった場合は、本業の所得税や住民税を軽減されることになります。
不動産を取得すると、様々な税金がかかります。
不動産を手に入れた時は、不動産取得税がかかります。
土地の場合は3%、戸建住宅の場合は3%で、マンションやアパートの場合は4%となっています。
ほかにも印紙税がかかり、500万円から1000万円までですと1万円、1000万円から5000万円までですと2万円、5000万円から1億円ですと6万円となっています。
そのほかにも、登録免許税、消費税、固定資産税・都市計画税などが購入不動産に対して税金としてかかります。
少しでも節税するには、ケリーバックスに相談してみましょう。