融資を受ける、返済の手段と方法

消費者金融から融資を受けたことはありませんが、給与振込銀行の提携ローンで、お金の融資をしてもらったことがあります。
給与振込銀行が、そのサービスの一環として提携会社のカードローンカードを発行してくれたのです。
窓口でお断りしたのですが、急なお金が必要になる場合もあるでしょうと説得され、納得してカードを発行してもらいました。
手数料は完全無料だったので、持っていても損はないな、くらいの軽い気持ちでカードを財布にしまいました。
数年後に、窓口の女性の言葉通り、急なお金が必要になる場面に遭遇しました。
必要な金額は100万円くらいだったのですが、ATMでなんなく引き落とすことが出来ました。
心が落ち着いてから、銀行の窓口に出向いていって、返済方法につき打ち合わせをしました。
実に様々な返済方法があるのに、戸惑った思い出があります。
100万円以内くらいの小口融資のことをキャッシングと称しますが、たいていATMで簡単に引き出せます。
100万円を借りると、何も手続きをしないとリボルビング払いと称する、毎月の均等返済となります(自動引き落とし)。
返済期間における金利が上乗せされるのが欠点です。
私はボーナス一括返済を選びました。
こちらですと、ボーナス時に100万円はすぐに消えてしまいますが、支払うべき金利は最小限ですみます。

関連ウェブサイト