進化が進むプロ野球ゲーム

プロ野球ゲームも登場から25年が経ち、その間に進化が進んでいます。
最初に出たハードはみんな大好きファミコンでした。
容量の都合により制限がたくさんあったゲームもそ今やハードの進化により大容量化、リアリティや遊び要素をふんだんに取り入れられるようになりました。
現在ではスマートフォンでも配信が行われるようになり、ソーシャルアプリとしても開発が進んでいます。
まず、権利の関係で実在の選手を多少もじった名前やチーム名は今や実在の選手の実名やチーム名になりました。
選手一人ひとりに実際のプレイ内容を分析した細かなパラメータが割り振られるようになり、明確な長所短所といった性格付けが行われるようになっているのも特徴です。
また、ハードの3D対応により投手の投球モーションも実際の個性的なフォームを忠実に再現するようになり、より臨場感が増しています。
野球ゲームの登場当初は守備はCPUまかせで自分で動かすことができなかったのですが、現在では自分で動かし、采配も決めることができます。
音声も取り入れられるようになり、ウグイス嬢のアナウンスや実況といった、テレビ中継さながらの迫力はまさに他のジャンルのゲームでは味わえないものがあります。プロ野球 オーナーズリーグ 公式サイト