趣味を磨き上げ仕事と結びつけることが出来る人物

料理研究家の仕事というのは数多く存在します。
新作レシピの開発はもちろんのこと、その料理が栄養学的にどのような効果を持っているのかなどの知識も蓄えなければいけません。
また、テレビやラジオ、雑誌にインターネットなどといった各種メディア媒体への露出も重要なポイントとなっており、これらを上手に使いこなすことが料理研究家には求められます

笹部祐佳里はメディア露出に関して趣味の写真を上手に活用しています。
開発したレシピを写真に収めることによって、どのような料理なのかという魅力をユーザーに伝えることが出来るのです。
写真というのはその瞬間を切り取るだけでなく素材の持つ季節感までも相手に表現することが出来ます。
また、撮影を繰り返すことによって、料理をするだけでは気付くことのできない細部にまで気を配ることが出来るので、盛り付けなどにも定評があるのです。

写真というのは勉強すればするほど技術が上がっていくものだと言われています。
笹部祐佳里は持ち前の根気と粘り強さで写真技術をメキメキと向上させています。
また、応用が効くという長所も持っているので、会得した技術を組み合わせることで新しい技術を生み出すことが出来るのです。
笹部祐佳里のように長所を仕事に生かしていきたいなと私は考えています。