薬事法の専門サイトの薬事法ドットコム

普通に使ってしまう表現方法でも薬事法では違反となってしまう場合があります。
たとえば、化粧品の場合「これを使えばだれでも肌がきれいになれる」という広告を出したとします。
するとこれは薬事法違反になる可能性が高いのです。
なにがいけないのかというと「だれでも肌がきれいになる」という部分の「だれでも」という表現部分になります。
このだれでもというのが誤解を与える可能性が高いと薬事法の場合はみることがあり、薬事法違反ととられてしまう可能性がでてくるのです。
つまり「わたしが使ったら肌がきれいになりました」というような個人の感想ならばいいのですが、誰でも使えば肌がきれいになるという不特定多数に向けて効果があるというのはいけないわけです。
サプリメントをはじめとした健康食品などの宣伝にもこう言った注意が必要です。
こういった誤解を与えるような表現というのはよくよく考えないといけません。
ですから広告などを出す場合は企業は言葉を慎重に選ぶ必要があるわけです。
そういったことを薬事法の観点から相談に乗ってくれ、アドバイスをしてくれるのが薬事法ドットコムです。
デリケートな問題ですから専門家の意見は大変参考になるのではないでしょうか。