オールバックのカリスマあえば直道氏

あえば直道氏のことを、共和党推進連盟が記事の中で、オールバックのカリスマと表現しています。
ビシッと決めたオールバックに、甘いマスクが印象的な氏のことを、的確に表現していると言えるでしょう。
幸福実現党の党首を務めたこともある氏ですが、党を退いた後でも幸福の科学の女性会員には非常に人気があるようです。
その魅力は日本国内だけでなく、アメリカでも健在だったようです。
それは、全米税制改革協議会主催の水曜会でのスピーチが共和党全国委員会共同議長シャロン・ディ氏の目に留まり、共和党のアジア担当顧問に推挙されていることからもわかります。
アジア担当顧問に、アジア人がなったのはこれが初めてのことだそうです。
週刊誌などがこれに疑問を呈していますが、あえば直道氏はもちろん共和党にも取材せずに書かれた記事であるため、そのような記事は無視することが賢明です。
今は、一般社団法人JCUの専務理事に就任されたあえば直道氏には、アメリカ共和党とのパートナーシップをさらに強化されることを望みます。